Jan
26
瞑想風呂
RIMG_4998104.jpg

今晩はみなさま
今夜はもうお風呂に入られましたか
お風呂はお好きですか
わたしは昨年暮れから、お風呂で綴文をはじめました。
きっかけは、とある方から頂いた耐水ノート(水に濡れても文字が書けるというふしぎな紙)で、ものは試しにと早速浴槽へ持ち込んで線を引いてみたところ、おや? この感じ悪くない。といった具合になり、裸で創作というのも中々におつなもの。そのままずるずると毎晩、瞑想文字を浴槽内でしたためているしだいであります
それにしても浴室とは、あらためて認識をすれば実に色っぽい異空間ですね
むかし谷崎作品「痴人の愛」を読み終えた夜、文中にあった <そして私とナオミとは、シャボンだらけになりました> という淫靡な浴室描写にいたくかぶれて、「わたしもお風呂でシャボンになりたい」と、しつこく恋人にせがんだことがありました
いまさら反芻してみると、色に狂っておかしなことを言ったな俺。という後味ものこりますが、男女の会話はこれぐらいが丁度よいものです
軽率を言えなくなっては、色ごとはおしまいです
ちなみに今夜の耐水ノートに書き加えた一行は、
"あなたより先に死にたい" 
でした
最後の最後ぐらい、あなたの涙を独占してみたい。
裸はじつに正直です
  Permalink | 2013⁄1⁄26 | 11:57 PM
Jan
08
二〇一三 開門
みなさま春がようやく開かれましたね。おめでとうございます
旧年中、手厚くお世話くださった方々ありがとうございました。本年もそのお世話の延長を申し込みたいのですが、何卒よろしくお願いいたします
その先頭、今回このサイトのリフレッシュ工事のすべてを担ってくれたNYのゆみこちゃんへの感謝を。
十年ちかく、微に入り細を穿つサイトの管理をほんとうにありがとう。ゆみこちゃんなしでは、もはやネットにわたしは正しく存在しません
それからSNSや映像諸々を、あやちゃんありがとう。仕事がはやくて惚れました
そしてあなた
あなたの一年が多幸な一路であることを心より祈っております。
もしも歪んだ哀しみに暮れそうな時は、いつでもいらしてください
無力でもわたしは歌になり言葉になり、いつだってあなたの傍にいます
だってわたしにもあたなが必要なのですから

2013000.JPG

2013002.JPG
  Permalink | 2013⁄1⁄ 8 | 3:53 AM
 
monoFREESOULmoe.jpg  
 
TOP